釣果レポート Fild report

石師魂イエローとツケエの工夫で本イシへ技ありの一撃 

                 レポーター:眞子 知也
                釣り場:佐賀県呼子 松島 マタワダ
               

10月3日(日)中潮 満潮午前7時20分

春以来久々のホームグラウンドである加唐島、松島へ渡すマリンペガサスにやってきました。

午前4時半、
この日は次男坊の「こうき船長」が操船するマリンエンジェルに乗り込み松島の北側【マタワダ】へ上礁。

ここマタワダはかつて、石鯛専門誌【石鯛倶楽部】において表紙を飾るほどのビッグな石鯛が出た実績ある名礁です。

 

 

石鯛狙いで釣行を繰り返すも中々釣れない日々の中、実はこのエリアは今年初めて。
最近釣れ盛っているイシガキを狙ってみようとの思惑で、いつも使用している17号針では無く15号針を持参。
エサはガンガゼ、サザエ、カラス貝を準備しました。

当日のツケエはガンガゼ、サザエ、カラス貝の3種。いずれもエサホルダーがしっかりツケエをキープしてくれました。

 

マタワダは船着けの両側に張り出した沈み瀬がある為
持参した480では無く長めの540の竿を選択。

じわーっと上げ潮が右に流れている今がチャンスと打ち返しますが、イシガキ特有の穂先を叩くアタリばかりで、ガゼ1個ではすぐに素針にされます。
そこで2個掛けにして石師魂エサホルダーでズレを防止!
なんとか狙いのイシガキを手にしました。

しばらくすると上げ潮の止まり間際に、ほとんど穂先を揺らされずにガゼが素針にされます。
これは!と思い打ち返しますがまた素針にされました。
そこでカラス貝のムキミをエサ巻き糸で巻き上げてそれを殻に戻し、またエサ巻き糸で殻ごと巻き投入!

カラス貝の身は糸巻きだけではすぐに盗られるので、殻で包むと効果的なエサ盗り対策になります。

 

するとこれまでのガキらしい叩くアタリでは無く
ゴツッ!!!
竿先をおさえた!!!
更にゴツッ!
二度目のおさえこみ!

ここからが長く1分ほど経って少し誘い上げたら一気に走ってくれました。
手応えのある引きを楽しみながら寄せにかかります。
イシガキ狙いのはずが、何との本イシ(54cm2.37kg)が顔を見せてくれました!

イシガキ狙いだったため、本イシが姿を見せたときは、とても嬉しかったです。

 

その後、下げ潮に変わりまたイシガキの活性が上がり、アタリはあるものの、中々走ってくれません。
大きめのガゼの芯をエサ巻き糸で補強して、その上にガゼを上乗せしてズレ防止の黄色いエサホルダー。
このパターンでイシガキを追加し、久々のホームを後にしました。

ツケエの工夫で一発で走ることがありますが、今回はこの付け方が功を奏しました。

瀬ズレワイヤーには石師魂の寄せ玉ゴムイエローとケイムラブルー、そして遠投ゴムテンビンミニをセット。これらのカラー効果がイシガキだらけの中から貴重な本イシを呼び寄せてくれたと思っております!

石師魂のアイテムを使うようになって断然釣果がアップしました。

久しぶりのホームでの好釣りはとても楽しかったです。秋の深まりと共にこのエリアもデカバンが大いに期待できるようになります。

 

ズバリ、わたくし石師魂の【寄せ玉イエロー】を使い出してから
石鯛ゲットの確率が飛躍的に上がりました!
これはもう疑う余地の無い、イエロー効果の恩恵だと信じております

(よかろうもん佐賀)