釣果レポート Fild report

石師魂でまたまた大勝利!日本海の好釣り場で60超ゲット!!

                 レポーター:石丸敏文
                釣り場:島根県浜田市津摩 沖のイサ瀬
               

2021年3年7月25日(日曜日)

今年初の60オーバーを釣ることができました。

7E954B0F-5248-4CDA-8C35-A2AF5EED4646

浜田の長浜地区からイサ瀬へ渡してくれる正福丸。

磯は島根県浜田市津摩海岸の沖のイサ瀬で、ルアーの方と一緒に瀬あがりでした。

ここのポイントは地方向きで、水道の出口位の足下になります。

70D029CC-D714-4006-83F3-D0D3306CB769

沖のイサ瀬の釣り座。地のイサ瀬との水道を狙います。

まずはガンガゼの2個掛けで様子を見ます。

まだ、薄暗い中ですが、早々に投入。

ちなみにエサはガンガゼ50個、バフンウニを1㎏用意しています。

一投目ではアタリも無く、逆潮の為そのままピトンに掛けて反応が出るのを待っていると10分後位にエサ取の様なアタリがやっとあり、

そのまま見ていると竿先を押さえる魚信が…

「この魚はデカイ!」と思い、手持ちで送っていきます!

が、なんと最後でエサを放してしまいました…

「置き竿のままの方が良かったか」と思いましたが、ハリ掛かりしていないので警戒心はなく

まだまだチャンスはあると自分に言い聞かせます。。

すぐさま次のガンガゼを入れましたが、残念ながらアタリはなし。
それっきり何処かに行ってしまったようでした。

エサ取りも元気無くイシガキのアタリもほぼほぼ無い状態に。
しかし、この時点でまだまだ朝の7時。
まだ朝ますめのゴールデンタイム。気は抜けません。

本日の満潮は正午頃で左への上げ潮が動くはずですが、下げ潮の右流れが続きます。

どうやら今日は右への一方通行かもしれません。日本海の釣り場では潮流がはっきりしていないことが多々あるので

このようなケースは珍しくありません。

高水温期、このエリアはバフンウニが活躍するのですが、当日は食いがよくないためガンガゼで打ち返します。

そうこうしていると、またまた本命らしいアタリです。

ガンガゼの1個掛けなので勝負が早いと手持ちで送っていきます。

一気に走り合わせを入れる!

期待に胸が躍る!

懸命のやり取り後、上がって来たのは七本縞のスレンダーな女の子。

 

同礁のルアーマンにワイヤーを持って上げて頂き、無事に取り込みも成功!

手にしたのは昨年の8月に続くデカバン。真夏でも本イシの60㎝超は釣れるという確信が持てました。

採寸してみると、今年は初の60㎝オーバー!

やりました!とても嬉しいです。

イシガキだらけの季節でも、昨年に続き本イシが十分狙えることが実感でき大いに満足です。

この流れでもう1本!と本命潮に期待。
しかし潮は動かず、この後は当たりも無し。

暑さには耐えきれない季節ですので、午後1時に納竿しました。

石師魂を使った仕掛けは私の定番となりました。以前、7本ヨリハリスワイヤーを使っていたので、49本ヨリワイヤーの食い込みの良さには驚くばかりです。

当日の仕掛けは道糸PE16号に瀬ズレは36番手で石師魂パーツ「石師魂宙釣りゴムテンビン」・「石師魂寄せ玉ゴム大」で自作、石師魂49本ヨリワイヤー#44-16、六角オモリ15号でした。

8AE5A23A-05B9-4E90-875C-436542D094E4

特殊ゴム素材の宙釣りゴムテンビンは、クッション性が高くて塩分にも強いため長く使えるのも魅力です。

昨年に続き浜田エリアで60㎝超の本イシを手にして、ますます石師魂のファンになりました。

とくに宙釣りゴムテンビンは、中通しオモリをセットした本仕掛けにも即対応でき、

バフンウニで足元をこまめに攻めることも可能なスグレモノで大のお気に入りです。

石丸さん昨年釣果

2020年8月13日に浜田市沖の西沖防波堤で手にした63㎝の本イシです。このサイズが釣れるので、炎天下でも頑張って竿が出せます。

まだまだ暑さは続きます!

お盆を過ぎても石鯛釣りはビーチパラソルと麦茶と塩飴が必須です!

特に飲み物は多めに持って行かないと危険ですので、絶対に忘れないようにしましょう。

4853E8CC-2F4A-47FC-B3E0-25613D05F9F3

熱い季節の必需品。UVカットのビーチパラソルがおススメです。

準備さえ万端ならあとはツキが回ってくるもの。

ガキとサンバ祭りでも諦めなければ、真夏でも大型に出会えますよ!

レポート/石丸敏文